仲介と買取の違いは?どっちを選ぶのがお勧め?

MENU

仲介と買取の違いは?どっちを選ぶのがお勧め?

家を売るとなると2つのパターンがあります。1つは不動産会社に依頼して買主を探してきてもらう【仲介】と言う方法です。もう一つが直接不動産会社に買い取ってもらう【買取】です。仲介や買取は、特徴が異なりますのでそれぞれの違いを説明していきます。

仲介と買取では何が違うの?

仲介の場合 買取の場合
買主 主に一般個人 不動産会社
売却手続期間 買主を探さないといけず手続きが完了するまで順調にいっても3ヶ月程度の売却時間がかかる 不動産会社が購入してくれるため即売却できる。 (手続きの時間もいれて1ヶ月で完了)
売却価格 一般的に相場価格で売却できる。 仲介と比べると売却価格が低くなるのが一般的

仲介とは

不動産屋さんの仲介業は、簡単に言えば自宅の売り手からの依頼を受けて、買い手を広く探し見つけてくることです。 仲介売買の場合、一般市場の中から買い手を見つけることになるので売却する時間も少々長くなります。 ところが、買取よりも仲介は売却金が高く見込める可能性があるため、少しでも高く売りたいならば仲介を選ぶのが最善です。

 

高く売却を希望する方にお勧めです。

仲介の説明図


買取りとは

そして買取では、あなたの自宅を不動産屋さんが買ってくれることを言います。 価格査定から契約までの流れがスピーディで、 すぐにでも自宅を手放してしまいたいという人にはとくにおすすめです。 買取業務を選ぶ際は、仲介業務よりも2~3割程度価格が安くなるということは覚悟しておきましょう。

 

手間をかけずに早く売却したい人にお勧めです。

買取の説明図

不動産会社に買取依頼するための査定が可能

買取業務を行っている不動産会社なら買取を目的とした査定を依頼することも可能なので、すぐにでも売りたい人にはおすすめです。 不動産会社に仲介を依頼して一般の買い手を見つけるとなると、 売り出し始めてから最短でも3カ月程度は時間がかかってしまいます。 ところが不動産会社による直接買取ならば、最短でも2週間程度で不動産売買が終わってしまいます。 買取のデメリットは売却金額が安くなってしまうという点ではありますが、一刻も早く売却をしたい場合には、 すぐにでも買取査定で不動産会社に直接買い取ってもらう方法を検討してみてはいかがでしょうか。

仲介と買取の違いメリットデメリットグラフ

 

仲介と買取についてのまとめ

 

仲介と買取の違いについて説明してきました。簡単にまとめると、少しでも高く売却したい方は【仲介】、少しでも早く売却したい方は【買取り】です。ただし仲介の場合は、売却するのに時間がかかります。一方で買取の場合は相場の6割〜8割となってしまいます。それぞれのメリットとデメリットを考慮して選んで下さい。しかし多くの方が少しでも高く売却したいと思いますので一般的には仲介が圧倒的に多いです。仲介と買取にするにせよ必ず不動産会社を選ぶときは複数社に査定を依頼して比較することが不動産売却の成功のポイントです。

 

仲介…

  • 少しでも高く売却したい方

買取…

  • 早く売りたいした方
  • 手間をかけたくない方
  • 中々買い手がつかない物件
  • 瑕疵担保責任を負いたくない方
  • 近所に内緒で売りたい方