不動産仲介手数料について分かりやすく説明します!

MENU

不動産仲介手数料について分かりやすく説明します!

不動産売却の仲介手数料について

不動産売却にはそれなりの手数料も発生します。その代表的なものが不動産会社に支払う仲介手数料です。仲介手数料は法律により上限が決められていますので事前にいくら支払うのかある程度予測ができます。ここでは仲介手数料について紹介します。

 

不動産売却の仲介手数料について

不動産を売却するにあたり、支払う仲介手数料は、 宅地建物取引業法で以下のように上限の価格が定められています。

金額 仲介手数料
200万円以下 代金額x5%
200万円超~400万円以下 代金額x4%+2万円
400万円超~ 大金額x6万円
※売却価格には消費税を含みません。

売却価格が400万円を超える場合は、 以下の計算式で求められます。

仲介手数料+(売買価格x3%+6万円)+消費税

 

 

例えば、900万円のワンルームマンションを購入した際の仲介手数料の上限は、900万円×3%+6万円で33万円(税別)になります。

注意仲介手数料を算出する基礎となるのは、「消費税を含まない売買価格」になります。物件の表示価格が「税込」となっているケ-スもあるので、その場合は注意が必要です。
この金額は法で定められてているので これ以上の金額を請求される事はないので安心して下さい。 中には 仲介手数料が無料なな会社もあったり、 早期売買すると手数料負けてくれる会社も出てきてます。 仲介手数料早見表

その他の費用

仲介手数料以外にも以下のような費用がかかります。
不動産売却の諸経費 これらの全てが必ず必要になるわけではないのですが、 不動産売却の費用の相場は、 売却額の3~10%になるなので費用分の事もしっかり把握しておきましょう。 これらは不動産の売却した費用でお支払いが可能ですが、 手数料は売買契約したときに半額、残りの金額を後で支払うなど分割で金額が必要となります。 残りの金額を後で支払うなど分割で金額が必要となります。

売却にかかる費用は事前に把握しておきましょう。

不動産売却といっても様々な手数料や税金がかかります。しかし適正価格がある程度把握できれば事前に売却にかかる費用も予想ができます。売却後に後から費用の支払いがそう以上にをかった場合など思わぬトラブル防止にもなります。売却活動が始まったらすぐにでもある程度の費用を計算しときましょう。

 

注意してもらいたいところは、借り換えの際住宅ローンは一括返済するのが基本です。売却額と残りの住宅ローンの金額が同じでも手数料や諸費用等が必要になりますので、値下げ額の限度など戦略的に価格設定をしましょう。

 

 

 

不動産売却の仲介手数料のまとめ

不動産売却の仲介手数料のまとめ

仲介手数料やその他の税金問う諸費用についてして紹介してきました。仲介手数料は法律の上限値が定められていますので、事前に計算すればある程度の支払う金額が分かります。また多くの不動産会社は仲介手数料を上限値で設定しています。不動産会社にとって不動産売却における利益はこの仲介手数料だけですので、当然といえば当然かも知れません。

 

注意してもらいたいのは、不動産会社の中には仲介手数を割引く不動産会社もある点です。このような会社は、別途特別広告費の請求や囲い込みされるリスクも警戒した方がいいです。また単には売却能力がないため値下げしてまでして契約をしている営業力のない会社の可能性もあります。値下げしている全ての会社が悪いわけではないのですが、少し警戒した方が良いかと思います。

 

\一括査定を選ぶならココ/

ホーム4U

▼公式サイトはこちら▼